大月市の鳥沢幼稚園幼児リトミック・リズムと音感教育

鳥沢幼稚園

0554-26-5310

アクセス

求人情報

園の特色専門カリキュラム一日の流れ預かり保育年間行事入園案内ギャラリー

幼児の絵画教室

リトミック

絵画

体操教室

絵画

駆ける、 飛び回る、何かに触る、いつも「もの」に触れ、「もの」に働きかける子どもたち、大人には関心も興味もない平凡なことでも、子どもにとってはすべてが新しい経験です。小さな虫に群がったり、くもの巣をみつけたり子どもたちの好奇心はとても旺盛です。日常生活の中での、いろいろな体験が子どもの心の中に感動的に出会った時、「描きたい」と思う気持ちが湧き起こります。子どもの絵は、子どもがその感性で精一杯頑張って描いた素晴らしい作品です。 子どもの心の内に秘められた思いを、丁寧に受け止め、心から共感し、励ましてやる事が大切なことではないでしょうか。子どもは、ひとたび表現したり、創造することに自信をつけてくると、たちまち積極的になり、ものごとへの好奇心と、鋭い観察力がついてきます。子どもが絵を描くことを通して、物をよく見るようになったり、言葉が豊かになったり、文字がかけるようになったり、手の動きが活発になったりする事が知られていますが、絵を描くことを通じて養われていくこれらの事柄が非常に重要なことだと考えています。

どのように指導するのか

子どもが絵を表現するとき、いくら感動し、イメージが豊かでも、それを表現する力がなければ絵を自由に楽しく、そしてのびのび描くことは出来ません。絵を描くためには
@何を(教材、題材)Aどんなもので(描画材料)Bどのように(方向、手段)表現するかを理解していかなければなりません。具体的には幼児の発育段階を踏まえながら、教材、題材を与えるようにしていきます。

絵画

基礎演習と3つの指導領域

絵画

・基礎演習(トレーニング的な遊び)
・線を描く力形をとらえる力
・経験による表現
・観察による表現暮らしの絵、物語の絵、鑑賞など。
・想像による表現
特に年長さんになりますと、言葉によって、自分が描こうとするものが何であるかを人に伝えようとする意欲を持つようになりますので、短い誘導的な話し合いを行うようにしてから描いていきたいと思います。
絵画教室作品集

@暖かい日差しに包まれたある春の日、外で絵画教室が行われました。
Aちゅうりっぷぐみのお友達はたんぽぽの絵を描いているようです。
B太陽の光と春風を感じながら描く絵は、お部屋で描くものとはまた違った絵になったのではないでしょうか。

絵画

 

絵画

 

絵画

 

絵画