大月市の鳥沢幼稚園幼児リトミック・リズムと音感教育

鳥沢幼稚園

0554-26-5310

アクセス

求人情報

園の特色専門カリキュラム一日の流れ預かり保育年間行事入園案内ギャラリー

幼児の体操教室

リトミック

絵画

体操教室

山梨ジュニア体操クラブ :伊藤安崇 山梨県体操少年女子国体監督

本来、子どもは体を動かすことがとても好きです。しかし運動する機会がなかなかもてず、ちょっとしたことで骨折したり、転んだり、ぶつかったりしてしまうのが現状です。 私達は、30年に渡って幼児体育に関わらせて頂き、子どもの能力を引き出すお手伝いをしています。

体操のずべてのスポーツの基本

体操』と言う言葉は、『体(からだ)』を『操(あやつる)』と書きます。文字通り体操は、身体を自分の思い通りに動かすという能力を高める身体活動です。ご存知のとおり野球でもサッカーでもやはり基本的な動作を繰り返し練習して目的の動きを身につけることで素晴らしいプレイが出来るようになります。つまり、初歩の階段で『体操』に取り組むことは、色々な動きを通じて思い通りに身体を動かすことを経験するため、すべてのスポーツの基本となるのです 。
当カリキュラムでは、マット・跳び箱・鉄棒・なわとびを中心に基本がマスターできるようにしていきます。そしてカリキュラム終了後にはあらゆるスポーツにおける動きの共通性や関連性を子どもたち自身で見出せるようになっています。

すみれぐみ
(年 少)

動物の物まねから入り、前・横・後ろへと回転し、瞬時に自分の身体を動かせる子どもに育てていきます。

ちゅうりっぷぐみ
(年 中)

基本的な運動を多くし、走る、跳ぶ、ひっくりかえるといった運動がスムーズにリズムよく出来る子どもに育てていきます。

さくらぐみ
(年 長)

“リズム”が手に入ると、まずスポーツ全般への苦手意識がなくなります。そして、年長では2人組みの運動を多く取り入れ協調性を養い、積極的に体を動かし、出来た喜びを感じる子どもに育てていきます。

体操 体操

マット

ブリッチや三点倒立などの基本的な動作を身につけ、最終的には自分の力で前転、後転、側転ができるようにしていきます。

跳び箱

開脚跳びや台上前転など、障害物を跳び越える恐怖心を取り除き、最終的には5段が跳び越えれるようにしていきます。

鉄棒

逆さ感覚を養い、自分の力でぶらさがる力を身につけ最終的には全員逆上がりが出来るようにしていきます。

縄跳び

リズムよく跳び、100回を目標に持久力を養っていきます。最終的にはあや跳びまで出来るようにしていきます。

組み立て体操

マット運動の中のブリッチや三点倒立などの基本的な動作を取り入れ2人組み、3人組みと展開していきます。そして最後には、その敏のテーマに合わせた組み立てを幼児全員で力を合わせ形にしていきます。

体操 体操

スケジュール

 

基礎作り
組み立て練習期

 

組み立て完成期

 

体力作り
最終完成期

4月

組み立て・マット

8月

夏休み

12月

縄跳び

5月

組み立て・跳び箱

9月

組み立て全集練習

1月

縄跳び

6月

組み立て・鉄棒

10月

組み立て全集練習
運動会

2月

全集練習
(マット・跳び箱・鉄棒)

7月

組み立て全集練習

11月

マット

3月

最終テスト

体操